2013年度

PDFはこちら

シンポジウム「比較思想の新たなる射程」

基調講演

伊東 俊太郎 日本における比較思想の系譜
若松 英輔 東洋論――中村元と井筒俊彦――
高橋 哲哉 「赦しを乞う」国家について
森岡 正博 ペルソナ論の現代的意義
廣澤 隆之 総括「比較思想の新たなる射程」に向けて

研究発表

田島 樹里奈 田辺とデリダにおける「犠牲」の思想
森村 修 「連続と切断」
――田辺元の後期数理哲学における「ベルクソン主義」について――
岩脇 リーベル 豊美 ニーチェ思想の言語および宗教批判とその後の展開
西村 玲 中村元の日本思想史研究
関谷 雄磨 インドにおける順世派と古代ギリシアの快楽主義
――快楽主義の思想は人生訓となり得るか――
金澤 修 ヴェーダグー(梵語も)とトロイの木馬
釘宮 明美 森有正の「経験」思想――自覚的在他性と超越――
宮嶋 俊一 東西における環境思想
渡辺 明照 二諦、三諦、四諦説における不二の論用について
比較思想学会へのお問い合わせは、 お問い合わせフォーム よりお願いします。